TOPICS

新HP 移行中 http://organicdesign.co.jp/

FB page : Organic Design Inc 

FB page : Shared-Office & Co working space 川岸倉庫

その他の雑誌掲載はこちら

2016年4月18日月曜日

災害に対する備え

備えること。
現在も続いている熊本地震では、甚大な被害が発生しています。亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

私が学生だった時に阪神大震災でボランティアに行き、給水(中水)を4tトラックで給水して、荒れ果ててしまった街を縦横していたことを思い出します。
その時の経験や、仙台3.11(地震+津波)などを目の当たりにして、今回の熊本地震では似ている部分もあれば、地形そのものが崩れるような今回の場合では、そうぞうもつかない破壊力を感じました。

日ごろからできる「備え」をしたいですね。
・地震が頻発したら、最上階で寝ること。(1階部分は根本なので座屈破壊しやすいです。)
・避難のための備蓄食料やテント・毛布等・自転車等を持っておく。
・家族で安否確認の方法を話し合っておく。
・日ごろから耐震を意識し改修するなど。瓦など、屋根に重いものは地震には弱いです。
それ以外にも、http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html


現在の日本の建築では、
■建築基準法で求めている耐震性「耐震等級1」で規定している耐震性とは
 『倒壊に対しては、極めて稀に発生する地震(数百年に一度程度の頻度―東京を想定した場合、気象庁の震度階で震度6強から7程度(300gal400gal)に対して倒壊、崩壊しない。 そして、建物が損傷を受ける程度を、稀に(数十年に一度程度)発生するの地震による力(東京を想定したときの震度5強程度80gal100gal)に対して損傷を生じない程度 』(国交省、性能表示制度の解説より引用)
「等級1」が、建築基準法で求めている耐震性と同等。
「等級2」が、建築基準法で求めている耐震性の1.25倍。
「等級3」が、建築基準法で求めている耐震性の1.5倍。
ということです。
つまり、等級1で確認申請を認めています。
上記震度で辛うじて人の生命を守る為の法律で、震度7以上が来れば、家が破壊・倒壊されるということです。自然力学でいれば、この破壊されることでエネルギーを吸収しています。
その為、破壊されたら、その後修繕しなければ元の耐力は期待できません。
また、震度7以上が来れば倒壊の恐れありということも読んで取れます。
ただしこれ以上法律を規制すると、建築コストの上昇や予期せぬ地震のために全地域に規制法律を出すことが現実的ではないという判断であり、あとは個人の判断により耐震性を上げるとういう流れなのだと思います。

人が一生で起こることか、否かわからないためだと思います。

家族の安全を守る為にも、よく話し合って備えることを考えたいですね。

Organic Design Inc 熊木英雄