TOPICS

12/1 Year End Party 2014 のお知らせ

2014/Nov  設計スタッフ募集(実務経験者)しております。詳しくはこちら

Open Deskも募集しています。メールにてお問い合わせください。

2014/June 「SUMAU」 -Summer - (Osaka GAS Published)に掲載されています。

2014/March 「住むならデザイナーズ住宅」 -NIKKEI 住宅サーチ - に掲載されています。

013/Oct グッドデザイン賞2013 受賞 -Good Design Award 2013 -

2013/Aug Design Boom およびArchiDailyに熊木英雄建築事務所の「緑のカーテンの家」が掲載されました。  



Notice

■北海道から沖縄まで、どちらでも設計依頼を受けつております。ご相談ください。

■マンションリノベーション、キッチンのみのリフォームなど、どんな小さい場所のリフォームでもご相談ください。(すでに50件以上の厨房設計経験あり)
■住宅・リフォーム相談の予約を受け付けています(無料です)
まずはお客様のご要望をメールや手紙に綴ってお寄せください。事細かに書いて戴いても、漠然とでも、どちらでも結構です。
リフォーム・ご新築をお考えの方は当事務所設計の住宅見学を随時受け付けております。

新宿パークタワー内での打ち合わせが可能になりました。
お問い合わせはこちらから
また設計ができる範囲は海外から日本全国(沖縄含)まで、できるだけ対応致します。ご相談ください。地方の施工会社も当社で探せます。
■家具:チェアーおよびテーブル等の販売をしております。
詳しくはご連絡ください。
熊木事務所への連絡先:メール
設計する種類:住宅・リフォーム(改修)・美容室・ブティック・レストラン・オフィス・教育施設(幼稚園・保育園等)・クリニック・病院(手術棟も経験有)・家具単品・その他なんでもご相談ください。



2014年12月19日金曜日

オリアナから

イギリスで働いているときの同僚でオリアナというコモ(イタリア)出身の女友達がいる。
ロンドンで働いているときによくランチしたり、パスタの作り方を教えてもらったりしていた仲間。
もちろん、仕事もすこぶるできた人でした。
30代半ば頃に同じ時を共にした仲間が、みな母国に帰り、事務所を立ち上げている。
オリアナはアガタとマドレーヌという双子の子どもが居て、ミラノで共働きをしている。
「いつ、遊びにくるの?」といつも尋ねられているが、なかなか行けない。
やっぱり遠いので子連れで気軽にはいけないなぁと思いながらも、行ったら楽しいだろう、と想像をめぐらしている。このわが子がフライト料金がかからないうちに、一度行くべきか?!
ただ、12時間を超えるフライトは子どもにはつらいだろうなぁと思い、いつも断念。
今日もスイスからイタリアまでドライブ旅行したいなぁという想いにはせている。

2014年11月27日木曜日

身近な近代建築を感じました。

今日は、ある講習を受けにこちらへ行きました。
遠藤新の建築はすばらしい雰囲気を醸し出していました。
建具一つとっても、味わいがあり時を超えても残る建築だと思いました。
また同時に、装飾的であることもとても感じました。
ちょっと装飾がうるさい面も否めない感もありますが、それを含めても素晴らしいと思いました。
 

2014年11月24日月曜日

熊本へ、


ここの2年で2回熊本・大分を旅しています。
私は大自然が好きで熊本や大分には多くそういう要素があります。
またジェットスターで格安で行けるようになり、新幹線で遠出するよりコストパフォーマンスが高いという理由が始まりでした。往復で1万円は魅力です。(後者の理由がメインでしょうか?!笑)

昨年は大分・湯布院でしたが、今年は熊本・長者が原温泉にしました。
熊本の阿蘇のカフェに立ち寄り、熊本の赤肉?を食しました。
雰囲気のあるカフェでしたが、訪れる方は予約をお勧めします。


そして、長者が原温泉に行く途中の大自然。こういう風景は本州にはないですね。こういう大自然が私は大好きです。
そして宿は長者が原温泉郷 トライアル会員はすごいメリットだと思います。
また、この宿がホント良くできています!きっと社長の考えの表れなのでしょう。
この宿の価格が素晴らしい。
福岡在住の友人と合流し、子供たちは温泉で思う存分!
近くの牧場にて、
みんな馬にも乗りました。

 帰りの飛行機までの空き時間にも温泉へ
旅の最後に熊本空港にてくまもんと遊ぶ子供。


ここの所の事務所の雑務に追われ、
メンタル的にだいぶチャージされました。(笑)
明日から、また頑張ろう!という気になれ良かったです。

ここまでは素晴らしかったのですが、
最後、成田からの帰路で違反切符を切られたのには参りました。(笑)

2014年11月22日土曜日

ザハ・ハディド展

今日はオペラシティーで開催中のザハハディド展を拝見してきました。
ザハハディドは私が在英していた時から既に英国では一目置かれた建築家で、私がフューチャーシステムズに在籍していた時プラハ国立図書館のコンペで1等を獲得しときにザハから直接会社に電話があり、私がその電話をとったことを思い出しました。
今日はそんなザハの迫力ある建築の展覧会を見て個人的にいろいろ感じてきました。
ザハは当初からSTREAMLINE SHAPE(流線形)やFLUID(液体などの流動)を建築においての新しさとして表現したいというような意志が感じられていて、今日の展示会はそれらが存分に完成されてきている様子を見ました。
パビリオン建築のような、シンボル的な建築を量産しています。
ただ、巨匠になるとこういう傾向がどの建築家にもあるもの事実です。
日本でもお馴染みですが、国立競技場が批判の矢を浴びていますね。(笑)
展示会にいくと、他に手掛けてきたザハのデザインに比べると東京の国立競技場のデザインは自体はおとなしい感じにすらみえました。大きさが問題なのだと思いますが、主催者側の要望などがあったでしょうし、いきなり選ばれたあんを引きずり下ろすよりは、良くなるようにモディファイしていくべきではないかと思いました。決まった以上は、今後の日本人の後世の人々にとってオリンピック終了後も有効に使われ続けるような計画になるべきです。期待したいですね。

ちなみにフューチャーシステムズも曲線が多い事務所でした。初めて事務所で図面を指示されたときにこんなに曲線をどうやって書くんだ?と躊躇した覚えが有りました。(笑)
私なりに愛情を込めて言えばフューチャーシステムズの曲線は、’’愛嬌がある’’のです(笑)。
ザハの曲線は強すぎる意思のみなんですよね。わたしにとってそこは大きく違うのです。

USAにはモーホシスやフランクゲーリーなども、超個性的な空間をつくっています。
空間の良さは現場に行って自らが感じなければ解りません。ゲーリー建築もハリボテさはあるが、空間は良かった思い出があります。どの建築家も良さが多くに受け入れられているのでしょう。

話しが脱線しましたが、
ザハハディド展行ってみてはいかがでしょうか。
場所:東京オペラティシー アートギャラリー






2014年11月15日土曜日

稲葉宏爾氏のスライドレクチャーとlakagu神楽坂へ、、

今日はお世話になっているフォトグラファーの方に誘われて、
稲葉宏爾氏のスライドレクチャー(第Ⅱ期:全4回)
『パリ右眼左眼』~日常のパリ、素顔のパリを歩く~を拝聴してきました。
現在のパリにおける古い建物の再利用の例が多数紹介され、興味深い内容でした。

その後、神楽坂に行き、まさしく古建築の再生プロジェクトである Lakagu神楽坂 を見てきました。
新潮社の書蔵庫になっていた建物の再生を隈研吾氏の設計によりコンバージョンされていました。

この建物の特筆すべきは、大きく2点。
1つは建築ストックの再生を見事にしている点。(社会的意義があると思います) 
もう一つは、街と建築を繋ぐアプローチ部分。
アプローチが階段になっているので、暖かい日は腰を下ろし一休みできる公園のようになることが想像できます。比較的密集している神楽坂において、ああいったオープンスペースの階段は人々に優しいと思いました。
2Fのブックショップは、椅子に腰かけて読めるところも良いところです。
つまり、街の公園図書館または大人の公園とでも言えるのでしょうか。
街と施設をつなぐ装置が良い考えだと思いました。




2014年11月5日水曜日

Year-End Party 2014

Year-End Party 2014   

皆様、気が早いですが忘年会のお誘いです。
12/27(土)16時オープンで21時まで
当事務所(戸田公園駅)でYear-End Partyを開きたいと思います。
是非、ご参加ください。

17時までに皆様にお集まり戴けるとゆるりとして頂けます。)
初めての方もご参加頂けます。メールにてご連絡ください。


ゲストは 来日しているアンドレア・モルガンテさんとリズ・ミドルトンさん。
と言っても私の友人です。
現在、英国で建築家をしていますが、アレッシのデザイナーでもあります。
それと、料理家/建築ライターのフルタヨウコ(HOME)さんの手料理を予定。
たのしみです。

会費等は後日連絡します。
お子様は無料の予定。
駐車場あります。(ノンアルコールビール多数準備予定)

会場は戸田公園駅徒歩5分弱の当事務所にて (HPにて場所をご確認ください。)
English speaking welcome!

2014年10月13日月曜日

10月でも緑のカーテンが健在



















2014 10月現在での緑のカーテンの状況です。
ゴーヤーであれば、すでに枯れている時期です。
そろそろ室内に日差しも欲しいのでカーテンを外すか家族で話し合いますが、
花も咲いているし、もう少しこのままでいましょうと言っています。

去年もそうでしたが、12月初旬までは残るんですよね。